奇妙な物語と民俗史、すなわち愛すべきオカルトの紹介

昔からオカルト話が好きである。とはいえ、女性によく好まれるような占いであるとかパワースポットであるとか、そういうものは範囲外だ。

自分が好むのは怪談であり都市伝説であり民俗信仰であり奇妙な事件だ。溺愛しているのは奇妙な物語と民俗史だ。

この説明で膝を打ち感心するのは同好の士だけだろう。そこで例を挙げよう。オカルトと呼ばれるものの中で自分が好むモノのだ。

ちなみに自分が基本的に「見たら呪われる」だとか「怖い画像」だとかの類いは大嫌いなので苦手な人も安心して読み進めてもらっていい。

迷信・疑似科学

201X年、世界は文明に包まれた!科学は進歩し、インフラは積み重なり、全ての迷信が死滅したかのように見えた。だが、疑似科学は死滅していなかった!

如何に現代人が歴史を紐解き古代の風習をあざ笑い「昔の人たちはみんな馬鹿だったんだね」などと言ってみたところで人間の知性自体が大きく進化してきたワケではない。古代と現代を分けるのは積み重なった社会インフラと科学技術だけだ。

Googleで医学や健康に関することを検索すればエビデンスに乏しい記事が一覧に出て、リテラシーに欠ける多くの人々はそれを信じてしまう。

2017年の現代日本で、識字率はほぼ100%、高校への進学率は98%、人々は小型通信端末を自在に操り様々な情報へアクセスすることが出来る。

その文明の申し子の前頭葉から生まれてくるアイディアが妊娠菌であり水素水であり血液型の性格診断である。誰も気など違っていないし無明の人々でもない、普通の人々だ。だからこそ興味深い。彼我との間に大きな差はない。分野が違ったり状況が変わればそういう迷信に陥る可能性は誰にでもある。

今の時代に「運動中は水を飲むな」と指導していれば何を馬鹿な、前時代的な、指導される側が可哀想だ、まったく科学的ではないヤツだ、と後ろ指をさされるだろう。しかし「運動の前にストレッチをしろ」という指導も同様に時代遅れの指導だと言われたらすぐに納得できるかな?

ちなみにストレッチを行うと筋力のパフォーマンスが低下するため動的ストレッチを行うべきだということは最近の研究*1で指摘されている。だが、おそらくこの考えが人口に膾炙するには数十年かかるだろうし生きている間ずっと否定する人間もいるだろう、そう、「運動中に水を飲まない」という知見が上書きされるまでのようにね。

 積み荷信仰

積み荷信仰(カーゴ・カルト)は非常に面白い迷信の例だ。ただし、この信仰が実際に存在していたのかについては根拠に乏しい面もあるので、これ自体が都市伝説だと思って聞いてほしい。ここではわかりやすい例として提示する。 カーゴ・カルト - Wikipedia

概要としては未開の島々に飛行機や船で近代的な西洋人が現れて様々な島の住民にとっては神々が作ったようにしか見えない工業製品を贈ってくれた。西洋人はやがてその島での用事を終えて去って行くが、島の人々は西洋人を神の使いであり神から授かり物を得る方法を知っていたと考えて西洋人の真似をし始めた。

架空の飛行場や港を作り西洋人の真似をして木で作った銃を持って練り歩く。こうすればやがて神々から素晴らしい贈り物を授かるはずだと信じて。

彼らの行動を未開の文明が愚かなことをしていると思うだろうか。しかし我々の世界にも「金持ちの行動を真似すれば自分たちも金持ちになれるはずだ」という本が書店で塔を築いている。

「金持ちは移動でタクシーに乗る、彼らはこうして時間を節約し勉強することで金持ちになったのだ!」というヒューリスティクスな推論と「西洋人は飛行場で銃を持っている、彼らはこうして神々に祈りを捧げ贈り物を得たのだ!」という推論は科学的な検証を経ないという点でも同じ地平に存在する。

架空の飛行場で木の銃を振り回す彼らは真剣であり、神々の贈り物を切望しており、そのためには日々の畑仕事や漁を投げ出してしまう。そこが悲劇的であり、そして興味深い。

*1:

Cramer JT, Housh TJ, Johnson GO, Miller JM, Cobum JW, Beck TW (2004) Acute effects of static stretching on peak torque in women. J Strength Cond Res. 18 (2) :236-241.

Nelson AG, Guillory IK, Comwell C, Kokkonen J (2001) Inhibition of maximal voluntary isokinetic torque production following stretching is velocity-specific. J S仕engthCond Res. 15 (2) :241-246.

続きを読む

0から始めるRailsアプリケーションの高速化改善

みんなー、げんきー?ヽ(•ㅂ•)/
最近は土日のスケジュールを事前に計画するようになったよ。

ちなみに今週土曜の計画は途中でお昼寝を挟んだことにより1/3のタスクが遅延状態になった。遅れを取り戻すべくタスクリストを粛々と消化していこう、部屋を掃除したら次はブログ記事の作成だ。

今日の話は初心者向けのパフォーマンスチューニングについて。とりあえずRailsアプリで作られた小中規模なサービス、目安としては月間100万PV行かないようなサービスを想定している。

……高速化しちゃう? しちゃおっか!

まず計測からはじめよ

f:id:oneforowl:20170318210618j:plain

これは改善全般に言えることだが、もっとも重要なのは計測だ

計測することで初めて「改善すべきである」ことを発見でき、課題が意識の前景へと浮かび上がる。課題が計測を通じて意識の中に現れると、人間は自然とそれを改善すべく動き出すのである。

例えば「体重計に毎日乗る」「摂取カロリーを計測する」それだけで食生活が改善されていく。改善とは即ち計測することだ。仮にチューニングする気がないにせよパフォーマンスの計測だけでもしてみよう。ね、計測だけ! 計測だけだから!

続きを読む

ピザと開発: IT業界のおもしろおかしな就活

みんなー、げんきー? 最近プリズンブレイクを見始めたよ。٩( ᐛ )و

ちなみにお勧めする海外ドラマはビッグバーン・セオリーとBONESだ。huluあたりの配信サービスに月額千円くらい払うだけでQoLが10%増だ。

 

さて、今回は自分が新卒として就活した時のお話をしよう。そう、自分にも真人間のような儀礼的行為をしていたことがあるのだ。とはいえ世間一般で言うような就活とは少し変わっているかもしれない。

具体的にはピザ食べながら雑談したり、徹夜でプログラミングしたりしていたいや、就活の話だ。就活でやっていたのがピザとプログラミングだ。

 

f:id:oneforowl:20170311143020j:plain

 

続きを読む

ボドゲーマーは算数も記憶もしたくない、あるいは消耗品としてのボドゲ

ボドゲーマーも人の子である。故に頭を使うのは嫌いである。

石を投げられる前に正確な表現を使おう。つまらないことに頭を使うのが嫌いなのだ。

 

対戦相手の行動から隠された意図を推理する。これは楽しい。
複雑に決められた計算方法に基づき自分の得点を電卓で計算する。これはつまらない。

数手先まで読んで自分の勝ち手段を考える。これは楽しい。
今までに出てきたカードの枚数を全部記憶して勝率を高める。これはつまらない。

 

頭を悩ませたいのはゲームの面白さと密接に関係している部分だけだ。それ以外の全てでボドゲーマーに頭を使わせることを避けなければならない。

続きを読む

ゲームの"読み"、日常の"読み"

f:id:oneforowl:20161126001603j:plain

ゲームの「読み」

ボードゲームの中でも特に好きなジャンルの一つが、読み合いのゲームだ。そして数少ない本当に対面でやる意義があるジャンルでもある。

相手が何を考えているかを推測し不確実な中で選択肢を選ぶ。あやつり人形、ポーカー、ガイスター…、読み合いゲーはボードゲームの女王だ。

 日常の「読み」

日常の中にも「読み」は存在する。観察と推理の間に生まれる子供だ。

そもそも「読み」とはなんだ? ここでは目の前のことを観察し自分の情報で推理し「有力な仮説」を思いつく技術と表現しよう。

 

さて、ゲームと日常の「読み」には大きな違いが二つある。一つはゲームでは推理が重要であり、日常では観察が重要となる点だ。

まずゲームにおいて推理が重要であるのは、ゲームデザイン上の意図からだ。推理自体が非常に楽しいものであり、ゲームデザイナーは優れた推理に報酬を与えるのである。

日常においては観察の方が遥かに重要である。理由はいくつかある、一つは日常はゲームと異なり要素が多すぎて推理が難しいからだ。仮説が多すぎて収束しない、つまり盤面が広すぎる。

 

なによりも、身も蓋もない表現をすると、日常生活での推理はキモいからだ。人は観察されるのはまだしも、推理されるのは原則として不快だ。

観察により「あ、この女の子は機嫌が悪いな」と察するのは良い。その理由を勝手に掘り下げて推理し始めると暗黒面に落ちる。それによって起こる反応を端的に表現すると「キモい」になる。英語で言うとcreepy。

 

もし、仮に日常において「読み」をするなら、踏み込むような推理は避けなければならない。それは頻繁に失敗するし、誰もそれを望んでない。

周囲の人間は対戦相手ではない。問題があるのではと思ったなら聞け、もし答えてもらえないなら踏み込むな。

続きを読む