読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドミノ牌/天九牌のゲーム:ライアーズ

 ライアーズ

f:id:oneforowl:20160501152714p:plain

プレイ人数:2-5人
ジャンル:ブラフ系
道具:W6ドミノか天九牌*1セット以上、ダイス*人数分
所要時間:1ゲーム15分程度

概説

 ライアーズはドミノ牌か天九牌を使ったブラフゲームだ。プレイヤーはそれぞれに配られた手牌に描かれたダイスの目が場に全部でいくつあるかを宣言していく。例えば「5の目が3つ以上!」といった具合。次の手番のプレイヤーが出来ることは二種類だ。一つは直前の宣言よりも多い数字を宣言する。もう一つはダウトを宣言し、直前のプレイヤーによる宣言が正しいかを確かめる。

 言うまでもなく、このゲームは古典的なダイスゲームのDudo(aka LiarsDice,Bluff)から出たバリアントである。ややこしい点数計算もなく必要な道具は全て耐水性が高い。酒の席には良いゲームだ、雑に遊んで盛り上がろう

 ルール

1)準備

・得点記録用のダイスを全員に1の目を上にして配る。ダイスは自分が点数を得る度に目を増やす
・牌を裏向きのままよく混ぜて各プレイヤーに手牌として3枚ずつ配る。プレイヤーはゲーム中に自分の手牌をいつでも見られるが他人に見せてはならない
・残りの牌は邪魔にならないところへ寄せておく

2)牌について

 ドミノ牌も天九牌も二つのダイスがくっ付いたような図面になっている。これをダイス2個に見立てて場にいくつ特定の目があるかを予想する。ドミノ牌にある無印(0)はワイルド扱いで公開時にあらゆる目として扱う。天九牌は文子牌を抜く必要はなくそのまま32牌で使う。

 例えば場の牌が[2|3] [ |4] [1|1] [ |2] [6|6] [1|6]であるとき、場にある6の目は5個であり、5の目は2個である。

3)ゲーム

 適当な方法で決めたプレイヤーから時計周りに宣言していく。宣言できるのは以下の2種類のみ

-1.「ある目が場に全部でN個以上ある」と宣言する。宣言する際には制限がある。前のプレイヤーが宣言した個数よりも大きい個数か、または前のプレイヤーが宣言した個数と同じでより大きい目であること。

 最初のプレイヤーは1以上なら好きな個数で宣言できる。なお無印(0の目)について宣言することは出来ない。
 )「3の目が4個」→「3の目が7個」、 「2の目が9個」→「3の目が9個」

-2.直前の宣言が間違っていると判断しダウトを宣言する

4)ダウトの処理

 ダウトが宣言されたとき、すべてのプレイヤーは手牌を公開する。そして、全ての手牌にあるダイスを合計して宣言が正しいかどうか調べる。

宣言された個数よりも実際の個数が少ない(ダウトが成功): その差に等しいだけの得点をダウトしたプレイヤーが得る
宣言された個数が実際の個数と等しい: ダウトの対象になったプレイヤーが3点を得る
・宣言された個数よりも実際の個数が多い: ダウトを宣言したプレイヤー以外が全員1点を得る

 ダウトが宣言され得点を処理したら次のラウンドに入る。再び牌を裏向きの状態で全

 

て混ぜて3枚の手牌を各プレイヤーに配る。

5)ゲームの終了

 誰かの得点ダイスが6を超えた時点でそのプレイヤーが勝利する。得点ダイスの表示は原点が1であることに注意、つまり6点を獲得するのと同義。

一口メモ

 表紙画像ではドミノ牌を立てているが、実際には割と倒れやすいのであまり勧めない。普段は牌を伏せておいて、見るときだけ手で掴むようにして覗く方が良い。

f:id:oneforowl:20160501163247p:plain